遊☆戯☆王VRAINSをAnitube動画の代わりに無料視聴する方法

アニメ

遊☆戯☆王VRAINSは以下の動画配信サービスで視聴出来ます。見逃してしまった方も配信開始日から1週間以内なら以下のサイトから無料で視聴する事が出来ます。

↓今すぐ遊☆戯☆王VRAINSの動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓

こちらの記事でご紹介している遊☆戯☆王VRAINSの動画配信状況は2019年11月現在のものになります。

VOD(ビデオオンデマンドサービス)は配信状況が流動的なので、詳細については各動画配信サービスにてご確認ください。

今なら31日間の無料お試しキャンペーン中

無料で今すぐ
遊☆戯☆王VRAINSを見る >>

無料期間に解約すれば料金は一切掛かりません

世界中が熱狂している人気カードゲームのTVアニメシリーズ第6弾

 

遊☆戯☆王VRAINS・見逃し動画の無料視聴方法や配信日時は?

遊☆戯☆王VRAINSの配信日から1週間以内限定になりますが無料視聴ができるサービスは次の通りです。

サービス名最新話更新
AbemaTVテレビ放送と同日
Gyao!2日後
ニコニコチャンネル2日後

※無料配信なのでCMが挿入されていたり、高画質での視聴ができなかったりする事があります。

1週間限定なので無料配信が終了してしまっていることがあります。

そんな時はネット動画配信サービスの無料期間を利用して視聴するのがオススメです。

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ
このようにかなりの数のネット動画配信サービスで視聴することができます。

おすすめはU-NEXTです(アニメ作品が豊富、漫画・雑誌も読む放題)

今なら31日間の無料お試しキャンペーン中

無料で今すぐ
遊☆戯☆王VRAINSを見る >>

 

アニメ「遊☆戯☆王VRAINS」のあらすじは?

世界中が熱狂している人気カードゲームのTVアニメシリーズ第6弾

TURN 1 俺の名はPlaymaker(プレイメーカー)

VR空間・LINK VRAINSをデュエルによって崩壊させようとたくらむハッカー集団・ハノイの騎士。高校生の藤木遊作は正体不明のアバター・Playmakerとして彼らを相手にデュエルを繰り広げていた。

TURN 2 風を掴め(つかめ)!Storm Access(ストーム アクセス)

遊作は入手した謎の生命体を人質にハノイの騎士にデュエルを申し込む。遊作のデッキでは勝てないと計算した謎の生命体はData Stormを発生させ、未知のデュエル・スピードデュエルを展開させる。

TURN 3 ファースト・コンタクト

謎の生命体に秘められた情報の調査を開始する遊作。その一方、ハノイの騎士とのデュエルの目撃情報から、PlaymakerはLINK VRAINSを救った英雄として大きな話題になっていた。

TURN 4 カリスマデュエリスト Go鬼塚(ゴウ おにづか)

LINK VRAINSにハノイの騎士が突然現れる。その正体はPlaymakerを狙うカリスマデュエリスト・Go鬼塚だった。彼はある児童養護施設への恩返しと子供たちの笑顔のためにデュエルしていて…。

TURN 5 鳴動(めいどう)のスリーカウント

プロレスのような演出でデュエルをエンターテイメントにするGo鬼塚のプレースタイルに興味を持ち始めたPlaymaker。そのデュエルを受け入れるように彼はエースモンスター、デコード・トーカーを召喚し…。

TURN 6 アイドル!!ブルーエンジェル

LINK VRAINSではカリスマデュエリスト・ブルーエンジェルとして活躍する財前葵。彼女は兄である財前晃に認められるため、LINK VRAINSの人々の前でPlaymakerにデュエルを申し込む。

TURN 7 ハノイの天使(てんし)

ブルーエンジェルの背後にハノイの騎士の気配を感じた遊作は、その真意を探るためにデュエルを受ける。しかし、効果ダメージを使いこなすブルーエンジェルの戦術にPlaymakerはじりじりと追い詰められ…。

TURN 8 風を操りし者

ハノイの騎士が仕掛けたプログラムの影響で昏睡状態になった財前葵に責任を感じる遊作は、草薙たちと原因について調べ始める。しかしその時、街のモニターに昏睡状態のはずのブルーエンジェルが映し出され…。

TURN 9 追い求めてきた敵

葵を蝕むウイルスを除去するプログラムと、イグニスと呼ばれるAi(アイ)を懸けたデュエルが開始。Playmakerとリボルバーの一進一退の攻防が続くと思われたその時、リボルバーが衝撃のスキルを発動する。

TURN 10 衝撃!サイバース消失

強力なスキルによって圧倒的な力を手にしたリボルバーの猛攻に、Playmakerは防戦を強いられる。さらにStorm Accessで逆転のカードを手に入れたかと思われた時、リボルバーの作戦が発動し…。

TURN 11 轟く弾倉 ヴァレルロード

リボルバーが明かした真実に困惑するPlaymakerは、リボルバーのエースモンスター、ヴァレルロード・ドラゴンの強烈な一撃に倒れる。意識が遠のいていく中、Playmakerの頭の中に謎の声が響く。

TURN 12 鉄壁の守護竜 ファイアウォール

ファイアウォール・ドラゴンを従えたPlaymakerは最後の力を振り絞り、リボルバーのヴァレルロード・ドラゴンに対抗。それぞれの思惑を胸に秘めた2人の意志と、2体のドラゴンが激突する。

TURN 13 激闘の記録

リボルバーとの激闘を終えた遊作は、草薙と共にイグニスについての情報を分析する。一方、LINK VRAINSではPlaymakerを目撃したという謎のデュエリスト・ゴーストガールが取材に応じていた。

TURN 14 ゴーストガールの誘い

10年前の事件に興味を持ったゴーストガールは、PlaymakerにAi(アイ)を懸けたデュエルを申し込む。遊作はLINK VRAINSへ向かい、10年前の事件の真相を暴くべく危険を承知で挑戦を受ける。

TURN 15 闇に忍ぶオルターガイスト

変幻自在の戦術により、先の読めないデュエルを繰り広げるゴーストガール。Playmakerもまた、ゴーストガールの動きを冷静に分析しつつ「Storm Access」のチャンスを窺っていた。

TURN 16 潜入SOL電脳要塞

10年前の事件を探るため、PlaymakerはSOLテクノロジー社のシステムに侵入して深部にあるデータバンクへ向かう。しかし、Playmakerの前にデュエルAIプログラムが立ちはだかり…。

TURN 17 完全無欠のAIデュエリスト

AIプログラムたちの妨害を受けるPlaymakerの下へブルーエンジェルが駆け付ける。彼女の活躍で窮地を脱したPlaymakerはマザーコンピューターの深部へと急ぐが、そこにある人物が立ちはだかる。

TURN 18 胸に刻まれた傷

SOLテクノロジー社のデータバンクに侵入したPlaymakerの前に財前晃が立ちはだかって彼を制止する。しかし、復讐に燃える彼にその言葉は届かず、Playmakerはデュエルでの決着を晃に求める。

TURN 19 闇に葬られし事件

「ティンダングル」デッキを操る財前晃に対し、Playmakerhaサイバースで対抗する。データバンク内で繰り広げられる激しい攻防の中、晃は10年前に起こった事件について語り始め…。

TURN 20 ゆずれない正義

あらゆる手段で財前晃はPlaymakerを追い詰める。しかし、Playmakerは最後の力を振り絞って連続リンク召喚で逆転の一手を狙う。そして、2人のエースモンスターが激しく激突し…。

TURN 21 新たな闘いの火種

遊作は草薙と共にSOLテクノロジー社のデータ解析を進め、10年前の事件の新たな真実を知る。一方、遊作の家ではAiとAIプログラムのロボッピによる秘密の悪巧みが行われようとしていた。

TURN 22 漆黒に染まる日輪

Den CityでLINK VRAINSからログアウトできずに現実世界で意識不明になってしまう謎の現象・アナザーが次々と発生。遊作たちはその原因を調査し、これ以上の被害を食い止めるべく行動を開始する。

TURN 23 ゲノムの巨人

アナザー事件の被害者となった少年を救うため、Go鬼塚は犯人を名乗るドクター・ゲノムと対峙する。少年のためにも敗北が許されないGo鬼塚は、それまでのエンターテイメントスタイルのデュエルを捨てて…。

TURN 24 ダークマスクが背負う宿命

ドクター・ゲノムの戦術に翻弄され、Go鬼塚は絶体絶命のピンチに陥ってしまう。一方、Go鬼塚たちの戦いとは別に、ハノイの騎士の集団がLINK VRAINSに現れ、街の人々に無差別攻撃を始める。

TURN 25 ウィルスデッキ・オペレーション

ハノイの騎士とPlaymakerたちの死闘を知った葵は、ブルーエンジェルとして戦いたい思いと、兄・晃と交わしたLINK VRAINSに入らないという約束の間で葛藤する。そんな彼女の下にエマが現れ…。

TURN 26 希望を導くスリー・ドロー

トリックスターの戦術をことごとく封じられたブルーエンジェルは、バイラが持つダークマミーの攻撃によって大ダメージを受けてしまう。後がなくなった彼女は大きなリスクと知りながら最後のチャンスに全てを懸け…。

TURN 27 闘う男、島 直樹

「アナザー」事件によって人々はおびえ、LINK VRAINSは今も厳戒態勢となっていた。そんな中、LINK VRAINSに人一倍の憧れを抱く島直樹は、ハノイの騎士に立ち向かう決意をする。

TURN 28 三騎士、最後の将

島を人質にPlaymakerを呼び寄せた「アナザー」事件の首謀者・ファウスト。彼は「電動蟲(モーターワーム)」を操り、これまでにない戦術でPlaymakerのリンク召喚を封じることに成功する。

TURN 29 クサナギ・リポート

ハノイの騎士の魔の手はLINK VRAINSだけにとどまらず、現実世界にまで広がった。迫り来る脅威に危機を感じた草薙は、ハノイの騎士とロスト事件の関係、そしてアナザー事件の真相を記録に残し始める。

TURN 30 奈落への扉

遊作はアナザー事件にリボルバーが姿を見せなかったことに疑問を抱いていた。その疑問を解消しようとLINK VRAINSで調査を始めた遊作は、同様に調査を進めていたゴーストガールと遭遇する。

TURN 31 終末のトリガー

ゴーストガールと彼女の前に姿を現したリボルバーのデュエルが始まった。トポロジック・ボマー・ドラゴンを退け、ゴーストガールは切り札のオルターガイストをリンク召喚。リボルバーに止めの一撃を放つが…。

TURN 32 ハノイの塔

LINK VRAINSに突然不気味な塔が出現し、デュエリストたちをデータ化する事件が頻発。それを知ったPlaymakerはゴーストガールに託された情報を元にLINK VRAINSへ向かう。

TURN 33 青い涙の天使

「トリックスター」デッキで攻めるブルーエンジェルの攻撃は、「聖天樹(サンアバロン)」に守られたスペクターに届かない。そこでブルーエンジェルは一撃必殺のコンボをスペクターに浴びせるが…。

TURN 34 聖なる天樹

スペクターの「聖天樹(サンアバロン)」は成長するたびにブルーエンジェルを追い詰めていく。徐々に動きを封じられていくデュエルの中で、ブルーエンジェルはスペクターの鉄壁の布陣を攻略する奇策を思い付く。

TURN 35 もう一つのロスト事件

LINK VRAINSの崩壊を防ぐため、ハノイの塔へと向かうPlaymakerの前にスペクターが立ちはだかる。Playmakerはサイバースたちで大ダメージを狙うが、コンボにより防がれてしまい…。

TURN 36 くだらない正義

ありとあらゆるダメージに対してライフポイントを回復して「聖蔓(サンヴァイン)」を呼び出す「聖天樹(サンアバロン)」に、攻めの手を緩めないPlaymaker。ついにその弱点を発見し、反撃へと転じる。

TURN 37 我が母なる樹

「エクスコード・トーカー」で「聖蔓(サンヴァイン)」の猛攻に耐えるPlaymaker。そんな彼を仕留めるべく、「聖天樹(サンアバロン)」は最終段階へと成長して得た、恐るべき効果を武器に襲い掛かる。

TURN 38 ハノイの追想

ハノイの塔の脅威が刻一刻とLINK VRAINSへ広がる最中、リボルバーはこれまでの戦いの中でより覚悟を強めていく。そして、鴻上博士の思いを受け継いで、作戦を遂行するために動き出す。

TURN 39 闇に葬る弾丸

ハノイの塔はLINK VRAINSのあらゆるものを次々と飲み込みながら、完成へと近づいていく。タイムリミットが迫る中、塔を目指すGo鬼塚はリボルバーと対面。そしてGo鬼塚はリボルバーにデュエルを挑む。

TURN 40 勝利への渇望

リボルバーの戦略によって次々にモンスターを破壊されるGo鬼塚。しかし、不屈の闘志で立ち上がり、絶体絶命の窮地を乗り越えて最強のエースモンスター「剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ」を召喚する。

TURN 41 欺かれた事実 

完成目前のハノイの塔を前に、ついに宿命の敵・リボルバーと対面したPlaymaker。ネットワークの崩壊が迫る世界の命運、そして「ロスト事件」の真実を懸けた、2人の最終決戦が今始まろうとしていた。

TURN 42 スターダスト・ロードの導き

リボルバーが操るリンクモンスターの強襲を耐え抜いたPlaymakerは、ハノイの塔の中心部にうごめくモンスターの気配を感じ取る。そして内部へと突き進み、勝敗を懸けて決死のドローに挑む。

TURN 43 イグニスの誕生

リボルバーの正体に気づいたPlaymakerだったが、突然の衝撃の影響で強制的にログアウトさせられてしまう。遊作はハノイの塔の完成を止めるべく、現実の世界でリボルバーがいると思しき場所へと向かい…。

TURN 44 運命の囚人

イグニスに隠された真実とロスト事件の真相を知ったPlaymakerは、ハノイの塔の完成を止めるようにリボルバーを説得する。しかし、その想いはリボルバーに届かず、最後の望みを新たなエースモンスターに託す。

TURN 45 極限領域のデュエル

リボルバーの猛攻が続くなか、幾多もの「コード・トーカー」の力を使って態勢を整えたPlaymaker。しかし、リボルバーはエースモンスター「ヴァレルロード・ドラゴン」でそれを迎撃し、「究極の布陣」を作り出す。

TURN 46 未来を描き出すサーキット

残りわずかなライフで耐えるも、ついに後がなくなってしまったPlaymakerとAi。しかし、2人はまだ諦めてはいなかった。リボルバーが作り上げた完璧な戦術を乗り越えるため、Playmakerは最後のドローに全てを懸ける。

TURN 47 帰って(かえって)きたPlaymaker(プレイメーカー)

LINK VRAINSはハノイの騎士の計画により壊滅的なダメージを受けていた。そこでSOLテクノロジー社はLINK VRAINSを再建し、「新生LINK VRAINS」を公開。生まれ変わったデュエルの世界に人々は喜んでいたが…。

TURN 48 裁き(さばき)の矢(や)

草薙の弟・仁を襲った謎の人物を追いかけてデュエルを挑むPlaymaker。しかし、謎の人物の使う未知なるカードによって苦戦を強いられる。勝利の糸口を探るPlaymakerは、Aiから渡された新たなカードで攻勢へと転じる。

TURN 49 炎(ほのお)をまといし決闘者(デュエリスト)

Playmakerは仁の意識を奪ったボーマンと名乗るデュエリストを追う。しかし、新たに彼の前に現れた2人のデュエリストによって行く手を阻まれてしまう。その時、謎のデュエリスト・Soulburnerが駆けつけ…。

TURN 50 転校生(てんこうせい)、穂村 尊(ほむら たける)

遊作と同じ学校に転校してきた穂村尊の正体は、Playmakerに手を貸したSoulburnerだった。遊作の同級生になった彼は、自身の持つイグニスと共にサイバース世界の崩壊、そして新たなる敵の存在について語り始める。

TURN 51 カリスマを捨てた男

SOLテクノロジー社のバウンティーハンターとなったGo鬼塚は、指名手配中のPlaymakerとイグニスであるAiを見つけ出し、デュエルを強要する。だが、そこに現れたSoulburnerがPlaymakerを守るためにデュエルを挑む。

TURN 52 名ばかりの英雄

Go鬼塚の操る「ダイナレスラー」デッキの猛攻を、「転生炎獣(サラマングレイト)」の効果で耐えるSoulbuner。最強を証明するために迫るGo鬼塚に対し、負けられない理由を持つSoulburnerがその拳に逆転の炎を宿す。

TURN 53 賞金稼ぎ ブラッドシェパード

賞金首であるPlaymakerに対して、バウンティハンターのブラッドシェパードはデュエルを強制する。彼はPlaymakerの布陣を予想し、「ドローン」デッキによるコンボでPlaymakerの戦略を徹底的に封じ込める。

TURN 54 戦慄のバトルドローン

ブラッドシェパードの「ドローン」デッキを前に、手も足も出ないPlaymaker。迫り来るドローンの追撃によって追い込まれたPlaymakerは、ブラッドシェパードの作戦を打ち破るためにある秘策を実行する。

TURN 55 未知なる世界へ

風が吹き荒れる断崖を訪れたPlaymakerとSoulburner。不思議な力によって遺跡へとたどり着いた2人は、その内部の調査を開始する。そして、遺跡の奥に入り込んだ彼らは意外な人物に出迎えられ…。

TURN 56 初陣!ブルーガール

風のイグニスからの依頼を受けたsoulburnerは、風のエリアに侵入したブルーガールとのデュエルを開始。「トリックスター」のダメージを受けながらも、soulburberは「転生炎獣ヒートライオ」を呼び出し攻勢に出る。

TURN 57 雲上の決戦

ボーマンの居場所を突き止めたPlaymakerは、奪われた草薙仁の意識を取り戻すためにデュエルを挑む。過去にボーマンに勝利した時のデュエルから、相手の戦術を予測しながら進めるPlaymakerだったが…。

TURN 58 レプリカの魂

変貌したボーマンの猛攻によって大ダメージを受けるPlaymaker。しかし、勝利を掴むため闘志を燃え上がらせ、凶悪な「ハイドライブ」の布陣を突破する。だが、ボーマンは誰もが予想だにしなかった驚愕の行動に出る。

TURN 59 ハノイ再始動

過去に「Den City」をパニックに陥れた「アナザー」事件の後、首謀者の1人として収容所に収監されていた「ハノイの三騎士」のバイラ。厳重な監視下に置かれている彼女の前に、ある男が姿を見せる。

TURN 60 敗北のブレイヴ・マックス

Playmakerの正体について調べる別所エマと財前葵は、彼の親友と豪語する島直樹に目をつける。エマはゴーストガールへと変身し、島のアバターであるブレイブ・マックスへデュエルを持ちかける。

TURN 61 闇より出でし絶望

草薙の連絡を受けて、PlaymakerとSoulburnerは新たに出現したゲートへ向かう。しかし、そこに仕掛けられていたブラッドシェパードのわなによってSoulburnerは捕らえられ、秘めていた過去を探られてしまう。

TURN 62 忌まわしき亡霊

捕らわれたSoulburnerを救出するため、Playmakerはバウンティハンターの剣持、鎧坂に勝負を挑む。一方、Soulburnerはブラッドシェパードのわなにより、過去の秘められた記憶を掘り起こされてしまう。

TURN 63 転生する炎

Soulburnerの記憶を探り、その弱点を見抜いたブラッドシェパードは、「ドローン」モンスターによる凶悪なコンボで圧倒的な優位を築く。絶望的な状況となり、追い込まれていくSoulburnerだが…。

TURN 64 ターニング・ポイント

ある日、草薙のもとへ向かおうとする遊作と尊の前に島が現れ、遊作を呼び止める。仕方なく1人で向かった尊は、草薙に遊作との出会いについて尋ねる。すると、草薙は2人が出会った時の話を語り始め…。

TURN 65 Playmaker の息吹

都市伝説として記された、LINK VRAINSに眠る謎のダンジョンには、数々のわなが張りめぐらされていた。その先にはサイバースデッキが眠るというが…。そして、草薙の口からPlaymakerの誕生秘話がついに明らかになる。

TURN 66 地のイグニス「アース」

ネット上に書かれた情報について調査を進めるAiは、ある時イグニスに関する不審な書き込みを発見する。その真偽を確認するためにLINK VRAINSへ向かったPlaymakerとAiを、地のイグニスが待ち受けていた。

TURN 67 AIに宿る慕情

水のイグニスからサイバース世界の危機を知らされた地のイグニスは、人間という存在を見極めるためにPlaymakerに勝負を挑む。「Gゴーレム」の攻撃により窮地に立たされたPlaymakerは、わずかな可能性に望みを託す。

TURN 68 密会

Aiが突如姿を消した原因がほかのイグニスにあると突き止めたPlaymakerは、Aiを捜索するために向かったLINK VRAINSで光のイグニスと遭遇。そして、光のイグニスの目的とサイバース世界の崩壊に隠された真実を知る。

TURN 69 果たすべき使命

イグニスを殲滅するため、リボルバーはウィンディたちの居場所を襲撃する。Playmakerは人類とイグニスの争いを止めようとリボルバーを説得するが言葉は届かず、彼はウィンディとデュエルを開始してしまう。

TURN 70 調律する弾丸

ウィンディの巧妙なデュエルに追い詰められるリボルバー。戦いのなか、ウィンディの秘められた凶悪な一面が明らかに。イグニスの真意を知るリボルバーは鴻上博士の目的を遂行するため、新たな戦術で勝負を仕掛け…。

TURN 71 宣戦布告

人類とイグニスの共存を目指すPlaymakerの想いもむなしく、光のイグニスは人類に対して宣戦を布告。人々をイグニスに支配下に置くために動き出す。そして、光のイグニスと共闘するボーマンがPlaymakerに戦いを挑む。

TURN 72 曇りなき極致

進化を遂げたボーマンは、新たなハイドライブの戦術を見せる。対するPlaymakerはこれまでのボーマンとの戦いから戦術を予測し、Aiの助言を受け入れて攻め込む。研ぎ澄まされた読み合いのなか、2人の戦いは激化し…。

TURN 73 絶望を断つ光刃

激しい攻防が続くなか、ボーマンはスキル・Storm Accessを発動し、新たな“ハイドライブ”を手にする。壊滅的なダメージを受けて絶体絶命となったPlaymakerに、Aiは事前に用意していた秘策を打ち明ける。

TURN 74 囚われのイグニス

何者かに幽閉されていたアクアを救出したアースは、サイバース世界崩壊の真相を明かされる。しかし、そこに現れたイグニスの確保を命じられたGo鬼塚がアースとアクアに襲いかかり、デュエルが幕を開ける。

TURN 75 心に取り付く鬼

アースたちのデュエルに駆けつけたPlaymakerは、Go鬼塚の異変に気づく。以前にも増して強力な戦術で戦うGo鬼塚は、「ダイナレスラー」でアースを圧倒。さらにGo鬼塚は予想だにしない驚愕の戦法を見せる。

TURN 76 呼び起される記憶

SOLテクノロジー社のやり方に疑念を抱く葵は、行方不明のアクアを捜索する。一方、アクアの居場所を掴んだブラッドシェパードは、イグニスを抹殺するため攻撃を仕掛ける。そんな彼の前にゴーストガールが現れる。

TURN 77 相容れない兄妹

アクアを守るため、ゴーストガールはブラッドシェパードの前に立ちはだかる。しかし、イグニス追撃の邪魔をされたブラッドシェパードは激高し、負ければアカウントを失うデュエルをゴーストガールに突きつける。

TURN 78 反骨のバウンティハンター

SOLテクノロジー社に隠された衝撃の計画を知ったブラッドシェパードは財前のもとを去り、独自にイグニスの捜索を始める。リボルバーはそんな彼の並外れたハッキング能力に目を付けて共闘を持ちかける。

TURN 79 光速のライトニング

リボルバーの暗躍を警戒するライトニングは、単独でイグニスを捜索するブラッドシェパードにデュエルを挑む。だが、ブラッドシェパードはこれまでとは違うドローンの新戦術でライトニングを圧倒する。

TURN 80 賞金稼ぎの務め

相手の戦術を抑え込んで優勢に立つブラッドシェパードだが、ライトニングは次々とモンスターを呼び出してドローンを迎え撃つ。やがて拮抗する2人の戦いは、誰もが予想できない境地へと達していく。

TURN 81 たどり着いた頂

ライトニングの動向を調べていたPlaymakerたちは、SOLテクノロジー社に捕らえられていたアースの痕跡をLINK VRAINS内で発見する。現場へ向かったPlaymakerたちを、AIと一体化したGo鬼塚が待ち受けていた。

TURN 82 本能の先にあるもの

変わり果てたGo鬼塚の猛攻を何とか耐え凌ぐPlaymakerは、スキルを発動して逆転の糸口を掴む。しかし、Go鬼塚の「アンチスキル」によってスキルが無効にされて、絶体絶命のピンチへと陥ってしまう。

TURN 83 イレギュラー・ミーティング

リボルバーから連絡を受けたPlaymakerは、仲間たちを招集して指定された場所へと向かう。そこでPlaymakerたちはリボルバーから共闘を持ちかけられる。しかし、Soulburnerはロスト事件で心に深い傷を負っていて…。

TURN 84 静まらない過去

リボルバーから共闘を持ちかけられたPlaymakerたちだが、怒りに震えて反発するSoulburnerはリボルバーとデュエルを開始する。リボルバーへの憎しみを爆発させたSoulburnerは、怒涛の攻撃を繰り広げるが…。

TURN 85 偽りなき涙

ミラーLINK VRAINSへ突入したPlaymakerたちは、ライトニングのもとへ突き進む。その一方では、ライトニングから指示を受けたハルがブルーメイデンの前に立ちはだかり、2人はデュエルを開始する。

TURN 86 持たざる者の知恵

ライトニングは、「天装騎兵(アルマートス・レギオー)」と「裁きの矢(ジャッジメントアローズ)」で作り上げたエクストラ・リンクでスペクターを追い詰める。しかし、彼は用意していた驚がくの秘策を披露し…。

TURN 87 連鎖破壊

ライトニングの「裁きの矢」を逆手に取り、エクストラ・リンクを見事に打ち破って戦況を逆転させたスペクター。「聖天樹(サンアバロン)」で覆い尽くされた戦場で、スペクターはライトニングへ猛追する。

TURN 88 リベンジャー・ウィンディ

復活したウィンディは、リボルバーとの決着をつける前にライトニングの作戦を遂行するためSoulburnerに襲いかかる。人間に対する憎しみが増幅したウィンディの激しい攻撃に、Soulburnerは立ち向かう。

TURN 89 重なる二つの火

ウィンディの「嵐闘機(ストームライダー)」の攻撃により、Soulburnerは絶体絶命のピンチへと追いやられる。だが、その胸中の炎は消えてはいなかった。彼はウィンディが自身のパートナーに手をかけた理由を知り…。

TURN 90 次世代の創造主

ブルーメイデンの前に、次世代のイグニスになろうとするボーマンが立ちはだかる。アクアはボーマンの思想を拒絶し、ブルーメイデンは美優の意識を取り戻すために勝負を挑む。対するボーマンは不気味なほど冷静で…。

TURN 91 誇り高き乙女

これまでの戦いのデータをもとに、より強力な戦術を身に着けたボーマンは、進化した“ハイドライブ”でブルーメイデンを瞬く間に追い詰める。だが、彼女は諦めることなくボーマンに立ち向かう。

TURN 92 大いなる試練

Playmakerの前に敵として現れたのは、彼ただ1人を除いて、誰も想像できなかった人物であった。Playmakerの目の前に立ちはだかる親友・草薙翔一は、ライトニングに弟・仁を人質として取られてしまっていて…。

TURN 93 交わした約束

Playmakerのデッキを知り尽くしている草薙翔一は、弟・仁を守るため容赦なく攻撃を仕掛ける。Playmakerが相棒を相手に攻撃できず、残りライフもわずかななか、草薙が過去に2人で交わした約束について話し始める。

TURN 94 猛る魂

草薙との戦いで意識を失ったPlaymakerを守るため、ボーマンとのデュエルを開始するSoulburner。ライトニングの非道なやり方に怒るSoulburnerに対し、ボーマンは不気味な笑みを浮かべながら語りかける。

TURN 95 不死鳥の輝き

人知を超える力を手にし、運すらも自在に操ると豪語するボーマン。一方、Soulburnerと不霊夢は熱い絆を武器に「転生炎獣(サラマングレイト)」でボーマンを追い詰めていく。そんななか、不霊夢に異変が起き…。

TURN 96 ライトニングの罪

ライトニングが自分のもとに来るように仕向けたリボルバーによって、ライトニングが犯した罪とボーマンを作り出した本当の理由が明かされる。今まで冷静だったライトニングは怒りを露わにしてデュエルを挑む。

TURN 97 イグニス統合計画

それぞれのイグニスと人類の未来に関するシミュレーションで、ライトニングの結果だけが人類とイグニス共に破滅する未来になると告げるリボルバー。デュエルでも優位に立った彼は、新たなヴァレルロードを呼び出す。

TURN 98 一線を越えたAI

ライトニングは草薙仁を人質に取り、リボルバーの動揺を誘う。しかし、その行為に失望したボーマンがライトニングを制止する。作戦に失敗したライトニングはリボルバーに、鴻上博士にまつわる衝撃の真実を明かし…。

TURN 99 新世界の扉

Playmakerはイグニスを取り込んだボーマンと対峙する。その一方で、LINK VRAINSに閉じ込められたアバターが次々に倒れる謎の現象が起こり始める。さらにボーマンは強大なData Stormを巻き起こし…。

TURN 100 ねじれた理想郷

ボーマンはLINK VRAINSの人々の意識を利用してData Stormを作り出し、強力な「ハイドライブ」モンスターを召喚。その対抗策を見出せないPlaymaker。それを見ていたハノイの3騎士たちは、状況を打開すべく動き出す。

TURN 101 迷いなき本能

ハノイの3騎士や戝前・ゴーストガールによる命懸けの協力で、ニューロンリンクがついに破壊される。しかし、すぐさまその復元を始めるボーマンを前にPlaymakerはさらに絶望的な状況に陥ってしまう。

TURN 102 委ねられた願い

ニューロンリンクの一部を破壊し、ボーマンのプログラム内へ侵入したAiは、その中で完全に取り込まれてしまった5体のイグニスを発見。Aiはそのイグニスたちが残した最後の希望をPlaymakerへ託す。

TURN 103 終りへの旅立ち

世界の命運を懸けたボーマンとの激闘を終えたPlaymakerは、仲間たちの意識が解放されたことに安堵する。だが、戦いによって力を使い果たしたAiや、ボーマンに取り込まれたイグニスたちが戻ることはなく…。

TURN 104 犯行声明

Playmakerたちの活躍によって平穏が訪れたDen City。だが、その一方でAiはロボッピと共にSOLテクノロジー社の船に潜入する。そこでAiはある目的を果たそうと、最高幹部であるクイーンへの接触を試みる。

TURN 105 迎撃

クイーンを襲撃したAiは、SOLテクノロジー社のシステム内部への侵入に必要なコードキーを奪うために財前に犯行を予告する。これまで共に戦ってきたAiが人間を襲い始めたことにPlaymakerは複雑な想いを抱き…。

TURN 106 がんばれ!!ロボッピ

Playmakerは財前を狙うAiを捜索するが、見つけたのは時間を稼ぐために作られたコピーのAiだった。ほかの仲間たちもコピーAiとの戦いを繰り広げるなか、ブラッドシェパードとゴーストガールはロボッピと遭遇する。

TURN 107 鬼を討つ

ゴーストガールとブラッドシェパードをトリッキーな戦術で追い込むロボッピ。窮地の2人は協力して新たな切り札を呼び出し、反撃の態勢を整える。一方、オリジナルのAiを発見したGo鬼塚もデュエルを開始する。

TURN 108 不撓不屈の精神

施設の子供たちを守るために復活したGo鬼塚。「剛鬼」による怒涛の攻撃で奮闘するも、Aiの強力なモンスターに一掃されてしまう。しかし、不屈の闘志を燃え上がらせGo鬼塚は、何度でも立ち上がりAiに挑み続ける。

TURN 109 イグニスを狩るもの

自らの計画を遂行するためにPlaymakerの仲間たちを次々に襲撃するAiは、ついに財前が避難している場所を特定する。そんなAiの動きを察知したリボルバーは、財前を守るためにAiの行く手にパンドールを出撃させる。

TURN 110 哀の苛立ち

ネット空間で財前とブルーメイデンを発見したAiは、SOLテクノロジー社のシステムを掌握しようと彼らにデュエルを挑む。Aiの猛攻に対して互いを守りながらしのぐ2人は、それぞれの想いをひとつにして反撃に出る。

TURN 111 せめぎ合う意志

財前とブルーメイデンは互いの戦術を駆使してAiの布陣を突破。しかし、Aiは新たな切り札を呼び出して再び2人を追い詰めていく。だが、諦めずに戦う兄妹の強い絆が、新たなエースモンスターを呼び起こす力となる。

TURN 112 SOL社の凋落

閉鎖されていたはずのLINK VRAINSが突然開放され、Den Cityの人々が一斉にログインを始める。一方、SoulburnerはSOLテクノロジー社を乗っ取ったAiの手がかりを探すため、LINK VRAINS内の調査を始める。

TURN 113 家電の王様

Aiの居場所を突き止めるため、Soulburnerはロボッピとデュエルすることに。彼は人間と共に歩む道を探すようロボッピを説得するが、ロボッピはAiを苦しめている原因が不霊夢を守れなかったSoulburnerにあると言う。

TURN 114 夢見るロボッピ

Soulburnerとのデュエルを通して進化していくロボッピは、変幻自在の戦術で彼を追いつめる。だが「機塊」の軍勢による激しい攻撃を耐え凌ぐSoulburnerも反撃に出る。そんななか、ロボッピにある異変が起こる。

TURN 115 始まりの場所

Aiに関する情報が記されたデータを受け取ったSoulburnerのもとに現れたリボルバーは、自身の手でイグニスとの因縁を終わらせるため、Aiのデータを奪おうとする。Aiの情報を懸けて、2人の2度目の対決が始まる。

TURN 116 完全燃焼

戦いが激化するなか、リボルバーはSoulburnerが抱える心の迷いに気づいて失望する。それに激高したSoulburnerは、ロスト事件で受けた心の傷、不霊夢を失った悲しみ、全ての迷いを断ち切って右手に劫火を宿らせる。

TURN 117 交わらない道

Aiの居場所を知った遊作はDen Cityの郊外にある島へ1人で向かう。SOLテクノロジー社が開発したソルティスを使って自身のコピーを作り始めていたAiは、遊作に人々を襲った目的と内に秘めた想いを語り始める。

TURN 118 無謀な提案

Playmakerは次々に繰り出されるAiの攻撃を紙一重で避け、Aiの戦術の隙を突いて攻撃を仕掛ける。しかし、Playmakerを知り尽くすAiにとって、全ての行動は想定内だった。そしてAiはイグニスたちの想いを収束させ…。

TURN 119 壊れゆく自我

イグニスを失ったことによるAiの悲しみを知ったPlaymakerは、Aiに戦いを止めるように説得する。だが決心したAiの気持ちは変わることはなかった。そして2人がしのぎを削るなか、AiはPlaymakerにある提案をする。

アニメ「遊☆戯☆王VRAINS」のキャストと製作陣は?

声の出演: 藤木遊作/Playmaker (石毛翔弥)

声の出演: Ai (櫻井孝宏)

声の出演: 草薙翔一 (木村昴)

声の出演: 島直樹/ブレイヴ・マックス (沢城千春)

声の出演: 鬼塚豪/Go鬼塚 (濱野大輝)

声の出演: 財前葵/ブルーエンジェル (中島由貴[声優])

声の出演: 財前晃 (山本匠馬)

声の出演: 別所エマ/ゴーストガール (鎌倉有那)

声の出演: 鴻上了見/リボルバー (武内駿輔)

声の出演: 穂村尊/Soulburner (梶裕貴)

監督: (浅野勝也)

原作: (高橋和希)

原作: (スタジオ・ダイス)

アニメーション制作: (ぎゃろっぷ)

キャラクターデザイン: (原憲一)

音楽: (光宗信吉)

監修: (佐藤竜雄)

遊☆戯☆王VRAINSが観れるおすすめのネット動画配信サービスを紹介

「ネット動画配信サービスが多すぎて選べない!」という方のために、いくつかピックアップしてオススメを紹介します。

U-NEXTは初回登録で31日間無料トライアル期間中は遊☆戯☆王VRAINSを無料で視聴することができます。

U-NEXTは月額1990円と一番高い配信サービスですが、これ1つ入会しておけば殆どの動画を見逃す事なく見れる、配信本数が1・2を争うほど多くの動画や雑誌・コミックが見れるサービスです。

「高いから・・・」と敬遠していましたが、実は一番快適に見れる動画サービスはU-NEXTだったのです。

U-NEXT

ここがポイント!
  • U-NEXTは31日間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません
  • U-NEXTは31日間無料で遊☆戯☆王VRAINSを視聴可能
  • U-NEXTは国内最大級の14万本以上の配信数を誇る動画配信サービスです。
  • 遊☆戯☆王VRAINSも見放題の対象作品として配信されています。

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

dアニメストアは1ヶ月間無料で遊☆戯☆王VRAINSを視聴可能

dアニメストア(でぃーあにめすとあ)はNTTドコモとドコモ・アニメストアが運営する、アニメに特化した定額見放題のビデオ・オン・デマンドサービスです。

遊☆戯☆王VRAINSも見放題の対象作品として配信されています。

dアニメストアは初回登録で1ヶ月間の無料トライアルを受けられるので、1ヶ月間は遊☆戯☆王VRAINSを無料で視聴することができます。

ドコモ以外のユーザーも登録でき、月額400円でアニメ見放題なのが特徴。 出来るだけ安い料金でアニメを楽しみたい人におすすめです。

ここがポイント!
  • dアニメストアは1ヶ月の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。
  • dアニメストアは月額400円でアニメが見放題
  • 出来るだけ安くアニメを堪能した人におすすめ

紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はaアニメストア公式ホームページにてご確認ください。

 

Huluは2週間無料で遊☆戯☆王VRAINSを視聴可能

ネット動画配信サービスとして人気のHuluは海外ドラマの配信数の多さやオリジナルドラマが注目されていますが、アニメも充実しています。

遊☆戯☆王VRAINSも見放題配信されています。

Huluは遊☆戯☆王VRAINSを配信している他の動画配信サービスに比べると、無料トライアル期間が2週間と少し短くなっていますが、2週間は遊☆戯☆王VRAINSを無料で視聴することができます。

ここがポイント!
  • Huluは2週間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。
  • 最安値の更新料金でアニメがたくさん視聴出来る
  • アニメや海外ドラマが好きな人にはおすすめ!

Hulu海外の映画・ドラマは新作から名作まで幅広く取り揃えられているので海外の動画作品好きにおすすめの配信サービス。

 

Amazonプライムビデオは30日間無料で遊☆戯☆王VRAINSを視聴可能

Amazonプライムビデオは大手ネット通販サイトAmazonが提供する動画配信サービスです。

遊☆戯☆王VRAINSも見放題の対象作品として配信されています。

Amazon Primeは30日間の無料トライアルを受けられるので、30日間は遊☆戯☆王VRAINSを無料で視聴することができます。

Amazonで買い物をする人には、お急ぎ便などの配送が早くなるサービス、定期的に行われるセールなど多くのお得なポイントがあるのでオススメです。

  • Amazonプライムビデオは30日間の無料期間中に解約すれば一切お金は掛かりません。

 

遊☆戯☆王VRAINS・見逃し動画はYoutube・GoGoアニメやdailymotionで観れる?

警視庁のサイトで確認する

ネット動画配信サービスを利用しない方法として、YouTubeをはじめアニポ、B9、GoGoアニメ、NoSub、dailymotionなどの動画共有サイトでアニメや映画、ドラマが投稿されています。

公式配信以外の視聴は違法です

無料で視聴することができるかもしれませんが、2012年10月から違法ダウンロードの刑事罰化が実施され違法ダウンロード(動画の場合は視聴も含まれます)

違法アップロードなど、公式以外で配信してる動画を視聴するコトは違法です。

  • Youtube
  • Dailymotion
  • Pandora
  • AniTube
  • アニポ
  • FC2動画
  • ひまわり動画
  • MioMio動画
  • KissAnime
  • MioMio動画

この他にもたくさんの違法アップロードされた動画サイトがあります。

これらのサイトは検索すると上位表示されるコトが多いため、一見公式で配信しているように見えますが、実は著作権違反した動画を視聴するコトになってしまいます。

 

無料の動画違法アップロードサイトで観るとスマホが激重に??

上記の通り、今でも動画違法アップロードサイトで動画を観ることはできます。

ただし、

  1. 検索しにくい(見つからない)
  2. 広告がかなりウザイ
  3. 動画の読み込みが遅い
  4. 画質がかなり酷い
  5. セリフが聞き取れないほど音質が悪い
  6. 変な枠で仕切られて、実際の画面が4分の1
  7. 怪しいポップアップ広告やウイルスが頻発(本当にヤバい)

 

などなど、海外サイトは、とにかくストレスが溜まりますよね。

早く観たいのに、イライラさせられます。

 

イライラするだけならまだいいですが、特にツライのが、悪質なウイルスやマルウェアに感染してしまうこと。

公式VOD配信サイトなら合法で観る事ができ安心・安全です

  • 邪魔な広告・字幕がない
  • 高画質で観れる
  • 全話視聴できる
  • スマホ・タブレットにDLできる(一部VODは不可)
  • ウイルス感染の心配がない

公式配信であれば、配信期間が終わるまで高画質の動画を全話フル視聴できるし何よりウイルスに感染する心配がありません。

遊☆戯☆王VRAINS見逃しを見るならU-NEXTがおすすめ

  • 遊☆戯☆王VRAINSはU-NEXTの無料期間で見放題(その他作品も多数、無料視聴可能)
  • 他の映画、アニメ、ドラマなども無料で見放題
  • 最新映画やドラマはポイント制(無料お試し期間は600ポイント。終了後は毎月1200ポイント貰える)
  • 解約はいつでもOK(31日の無料お試し中に解約するなら費用は0円)

この無料お試しキャンペーンはいつまで続くは分かりませんので、とりあえず登録だけでもしておいて絶対に損はありません。

 

無料お試しには一切お金はかかりませんし、登録は3分で終わります。

 

遊☆戯☆王VRAINSなどのアニメ以外にも、ほかのアニメ作品や、映画、テレビドラマ、バラエティ、さらに雑誌や漫画なども観られます。

なので、31日間だけでも試してみる価値ありますよ。

まずは簡単に登録できる

無料お試しキャンペーンから初めてみましょう♪

↓ ↓ ↓ 

>> 遊☆戯☆王VRAINSを無料で見る

動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で遊☆戯☆王VRAINSを無料で見られるので安心ですね!

なお、動画の配信状況が変更となっている場合もございますので、以下のボタンから公式サイトで最新情報をご確認ください。
>> U-NEXTの公式サイトはこちら

コメント